医療費の面で安心するために犬保険に加入する

ペット保険のススメ
  • 見積もりができる

    シーズー

    犬保険には保険会社によって様々なプランがありますが、プラン内容によって保険料の金額が異なっています。保険加入の手続きをする前にお問い合わせをすれば無料でお見積りができます。

    ▶もっと読む

  • 怪我や病気

    チワワ

    犬保険に加入していないと怪我や病気になったとき医療費を全額負担してしまうことになります。加入をしていれば保障期間中に怪我や病気になったら保障を受けることができるので安心できます。

    ▶もっと読む

費用面で安心

ブルドッグ

基本的にペットは保険が適用されないため、治療をするときは基本的に全額自己負担になります。
日本全国で犬を飼っている家庭は多いですが、人間が一歳年を取るごとに犬は四歳の年齢を重ねるとされています。
高齢化になることで少しずつ免疫力が落ちて病気になりやすくなるので、万が一のことに備えた対策が必要です。
犬保険はオンラインからも簡単に手続きをすることができ、契約してから一ヶ月後から保障が開始されます。
犬保険は基本的に怪我や病気などが補償対象で、ワクチン摂取や去勢や避妊などは補償対象外になっています。
全てのことに保険が適用されるというわけではないので、適用可能かどうか事前に確認しておかないといけません。
また犬や猫は保険に入ることができますが、鳥やフェレット、ハムスターなどの小動物は犬保険などを専門に行う保険会社で手続きの申請ができないこともあります。
小動物用のペット保険を手続きすることができる保険会社もあるので、インターネットから情報収集をすることができます。

家庭で犬を飼っているとちょっとしたトラブルから治療が必要な状態に発展することがあります。
例えば家の中にあるボールやペンなどの異物誤飲や、自動車に轢かれて骨折、感染症などは生活の中で起こりえる問題です。
動物病院で一度治療するだけでも高額な費用がかかってしまうため、事前に保険加入をしていれば医療費面で安心することができます。
保険の保障によって全額負担になることなく一部負担にできるので、費用面で心配することなく最後まで治療を行なうことが可能です。

  • 年齢の重ね

    ダックスフンド

    犬の若いころは免疫力が高いので循環器系や腫瘍系の疾患になりにくいですが、年を重ねることで体の機能が低下するので病気を発症しやすくなります。若いうちから犬保険に加入すれば病気になってもすぐに病院へ駆けつけることが可能です。

    ▶もっと読む

Copyright(c) 2015 医療費の面で安心するために犬保険に加入する. All Rights Reserved.